公益社団法人 富山県診療放射線技師会

MENU

技師会について

HOME技師会について

会長挨拶

公益社団法人 富山県診療放射線技師会
会 長 石浦幸成

 はじめに、2022 年 5 月 21日(土)に「第 11 回(公社)富山県診療放射線技師会定期総会」が、3 年ぶりに会場型で開催されました。会場にご出席いただいた会員の皆様、書面表決にてご出席された会員の皆様の お蔭をもちまして、すべての議案が可決いたしました。また、新たに 7名の新理事と、私を含め 7名の留任理事とともに新体制がスタートしました。私は「第 3 回理事会」において会長(代表理事)に選定さ れ、総会にて承認されましたことをご報告させていただきますとともに、本会発展のためにさらなる努力 をしてまいる所存です。

 世界へ目を向けると、ロシアがウクライナへ進攻して半年以上がたち、この間に物価が大幅上昇し、私たちの暮らしに影響を及ぼしています。また、台湾情勢をめぐり米中関係も不安定になってきています。 平和ボケしている日本ですが、いつどこで有事に巻き込まれるか不安もあります。1 日も早く元の状態に戻ることを祈るばかりです。 また、必ずと言っていいほど日本のどこかで発生している自然災害も脅威です。被災された方々には心よりお見舞い申し上げますとともに 1 日も早く復興されますことをお祈りいたします。近くでは能登半島での地震が気になるところです。比較的災害の少ないとされている本県ですが、防災について改めて考 えなければと思うこの頃です。

 さて、新型コロナウイルスの感染が終息に向かうことなく、第 7 波も猛威を振るったところですが、本会の事業は感染対策ガイドラインを遵守の上、ここまでは予定通り実施しているところです。 「令和 3 年厚生労働省告示第 273 号研修」(以下、「告示研修」)の第 1 回・2回を8月に開催しました。 2 日間で県外の方を含め 50 名余りの方が受講し、告示研修を修了されました。告示研修は年度内にあと 2 回の開催を予定しておりますし、2025 年度まで県内で開催する予定です。すべての診療放射線技師が受講する義務があることをご了知ください。また、修了された方におかれましては、告示研修(実技研修) の指導者としてご活躍いただくファシリテータを目指していただきたいと思います。10 月からこれに係 る e-learning が開始される予定です。 各研究会についても、昨年事務所に整備したネット環境を活用するなどし、開催しております。5 月に 開催された「富山さんてぃ MR 研究会」では、県外から多くの参加者ありました。「富山臨床画像セミ ナー」にも多くの方に参加していただきました。WEB開催によるメリットが発揮されていると思いま す。今後も企画等を工夫しながら研究会等を開催していきます。 会員の皆様のご協力とご理解があっての技師会です。今後ともよろしくお願いいたします。新型コロナ ウイルスの影響で業務が逼迫している職場もあろうかと思います。お体ご自愛いただき、お過ごしください。